new online shop

new online shop

NEWS

  • 夏の買い付け日記・3 買い付けと美術館編

  • 2017.9.21

  • th_IMG_2891

    (テート・ロンドン)

    日本で子供と美術館。

    想像するだけで楽しめません。

    人は多いし、こどもが落ち着いて鑑賞するなんて無理。

    でも今回行くヨーロッパは、美術館が魅力的な国ばかり。

    th_IMG_2882

    (テート・ロンドン)

    イギリスではテートミュージアム。

    オランダではゴッホ、国立美術館へ行ってきました。

    th_IMG_2896

    (テート・ロンドン)

    そこで、黙って見てくれませんので作戦を考えました!!

    ただ見せるだけだと飽きちゃいますから、絵について説明をし、そのあとに子供にどう思うか聞く。

    そして変なクイズ(ここにヒトが何人いるでしょう?)を出す。

    この繰り返しで乗り切りました。

     

    でも、ゴッホ美術館は嫌いらしく「この絵、暗い」「この絵、戦争?」などと文句ばかり。

    写真も撮らずホテルに戻りました。。

    それにしてもゴッホの絵は暗かった〜〜子供の直観力恐るべしです。

     

    そして日を改めて、アムステルダム国立美術館へ行きました。

    こちらは打って変わってとても楽しそう。

    th_68F47D26-5BD1-4BDE-8D8E-2B65450FA782

    (アムステルダム国立美術館)

    こちらのフェルメールの絵、日本で見た時、ものすごい人でゆっくり見れなかった思い出のある絵。

    ママはゆっくり見れて、とっても嬉しかった。

    フェルメールの青、やはり綺麗でした!!!

     

    となりで、娘が「なんでこの人牛乳入れたんの?」

    「この絵、なんで有名なの?わかんない」

    という素晴らしい意見。

    「なんかわかんないけど、綺麗な青だね」とも。

     

    th_IMG_3140

    レンブラントの夜警に、ママまたまた興奮。

     

    この大作では「こっち見てないヒトだ〜れだ?」が効果的でした。

     

    子供と一緒に美術館。

    きっと一人で行った方がゆっくり見れるでしょうし、一人が私もオススメですが、

    ちょっとの工夫で、子供と行っても、悪くないかな〜くらいのレベルにはなれます。

    なので、オススメはしませんが、

    行かないという選択はもったいないと感じます。

     

    でもやはり、

    娘はやはり子供らしい遊具がお好き。

    th_IMG_3174

    こんなのや。

    th_IMG_3112

    こんなの。

    th_IMG_3605

    楽しそうです。

    アムステルダムは、子供が好きな遊具も多く、楽しそう。

    こんな遊具で遊んでると言葉が通じなくても、お友達がすぐできてしまうのが羨ましい。

    th_IMG_3596

    th_IMG_3500

    日本の公園だと、怪我人が出るとすぐ撤去してしまいますが、

    アムステルダムでは、楽しいアスレチックが街中で目立ちます。

    th_IMG_3587

     

    長くなりましたが、買い付けもシッカリしてきました!!

     

    ただ私、一生懸命仕入れしているので、写真が少なくてすみません。

    th_IMG_2942

    変わらず被写体は娘。(ロンドンにて)

    th_IMG_3171

    あんまり触らないでいただきたいです。ビクビク。。(オランダにて)

     

    長々ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

    子供を連れって買い付け。

    大変です。

    楽しいです。

    美味しいです。

    二人で16日間ヨーロッパを旅したことで一生の宝物になりましたが、

    と〜っても疲れました。

    最後までお付き合いいただいたお礼に、

    私も娘も感動したアントワープの、聖母大聖堂の画像のプレゼントです!!

    th_IMG_3319

    鼻ほじっててすみません。

     

    では〜また次回あるかわかりません。